タロットカード占い!歴史と方法と意味とは?

タロットカード占い!歴史とは?

占いの中でもポピュラーなものとしてタロットカード占いがあります。タロットカード占いの歴史は古くからあり13世紀から始まります。初期にはトランプの様な物でしたが15世紀中頃から後半にかけてイタリアで発展を遂げ、現在の絵柄になりました。本格的に使用され始めたのは18世紀のフランスからで、産業革命、フラスン革命、資本主義の成立と、西欧諸国が急速な変化を迎えた時代に時を同じくして変容を遂げたタロットカード占いは各時代に必要不可欠な物です。

タロットカード占い!占い方法とは?

現在一番使われているタロットカードはウェイト版と言われる物です。0の愚者から21の世界までの22枚の大アルカナと56枚の小アルカナで構成されています。簡単な占いをする時には大アルカナのみで占う場合もありますが、細かな点まで占う場合は小アルカナを足した78枚を使用するのが適切です。占い方法は全てのタロットカードを両手でよく混ぜます。そして1つにまとめ、3つの山に分け、もう1度1つにまとめます。上下左右を決めてカードを持ち本開きの形でカードを並べます。並べ方は様々あるので自分の希望に合った並べ方を選ぶのが適切です。

タロットカード占い!意味とは?

タロットカードの意味は1枚1枚違います。大アルカナに登場する図像には人類が共通して持つ元型的イメージの象徴や人の一生に遭遇する精神的かつ物理的な愚意がふんだんに盛り込まれています。少し抽象的過ぎて分かりづらい意味もありますが大アルカナは小アルカナよりも意味が深いです。小アルカナは、ペンタクルス・ソード・カップ・ワンドの4種類ありそれぞれ意味があります。また、1から10までとペイジ・ナイト・クイーン・キングの意味も違い細かな点を見る事ができます。ペンタクルスは地をソードは風をカップは水をワンドは火を現します。それぞれ意味が違いますが1からキングまでストーリがあり意味深い物です。

占いに行っても当たる占い師と当たらない占い師っていますよね。占い師が当たる場合には、また行きたくなってしまうのが私たちですね。ついつい行ってしまいますよね。