自分の部屋のように活用できて便利

自分に必要なサービスは何か見極める

現在あるトランクルームはとてもサービスが行き届き、様々な場面で使用が可能です。レンタルコンテナも室外にあるイメージですが、最近は倉庫の中にコンテナを並べて使用できる所も冷えてきています。一人暮らしだと部屋の広さや収納にも限度があるため、こういうサービスを利用するのも便利で良いです。利用するためにはまず、自分がどんなものを預けたいのか見極める事です。それがわかってこそ、どのような大きさの所を借りるのかわかってきます。

レンタルコンテナとレンタルルーム

預けたいものによって選ぶサービスは違います。嵩張る季節のスポーツ用品やキャンプ用品等、外の倉庫に置いても大丈夫なものであればレンタルコンテナで十分です。反対に大事にしたい本や美術品がたくさんあるけれど部屋にスペースが足りない、という場合であれば、専用の湿度や温度等管理しているレンタルルームもあります。コンテナよりはルームタイプの方がセキュリティーと空調管理がしっかりしています。大きな家具家財等も空調管理されている室内のトランクルームの方が安心です。

自分に合った広さで快適に使おう

実際にトランクルーム等借りるとなると、大きさもいろいろあります。収納のための物なので、ロッカータイプのものから、0.5帖、1帖から2帖、2帖から4帖、4帖以上の大きいもの等様々あります。鍵もあり、自分の部屋を使うように、自由に出入り出来て、いろいろなものを収納します。入りきらない物や大事なものを別の所へ収納出来るので、実際の自分の部屋も快適に過ごすことが出来ます。しかもいつでも利用できて、必要な時は自由に出し入れできるのです。部屋の賃料に少しの利用料をプラスして、広く快適に過ごすのも良いものです。

トランクルームは1畳程度の大きさから扱っているので、普段使う機会が少ない旅行かばんや思い出の品等を預けられます。