太陽発電システムの大敵とは!その三つの要素

黄砂が意外と難敵になります

太陽光発電システムというのは、パネルで太陽光を受けて、それを電気に変換するわけです。そして、いくつも問題となることがあるのです。その一つとしてあるのが黄砂であり、これが発電効率をとても下げることになるのです。要するに砂がパネルに張り付いてしまって、吸収効率がとても下がってしまうわけです。ですから、拭く必要がありますから、非常に面倒になります。よく黄砂が飛んで来る地域であれば注意したほうがよいでしょう。

曇が多い地域について

曇がとても多い地域にも太陽光発電システムはあまりお勧めできないのです。これはいうまでもありませんが太陽光の熱エネルギーを得ることができないからです。まったくゼロ、ということは多くはないのですが、それでも注意しておいたほうが良いでしょう。意外と自分が住んでいるところがどんな天候が多いのか、というのを理解していない人が多いのです。ですから、しっかりとまずはそれから把握してみることを強くお勧め出来るわけです。

そもそもそんなに広くない

スケールメリットというのがありますがこれは太陽光発電システムにも言えることになります。ですから、基本的には大きく投資をするのがベストです。この場合は更に言えば広い土地が必要になります。屋根が広いとか或いは平らな屋上があり、そこに置けることが重要になってきます。逆をいいますとそれができないような状況ではかなり発電効率、つまりは損益分岐点を超えるために時間がとても長くなってしまう可能性があるわけです。

売電価格が右肩下がりのいま太陽光発電は、パネルや設置費が下がり、耐久性能が上がり、地域による穂補助金がありますので、綿密にシミレーションして導入を決めるのが良いです。